お尻のかぶれ・かゆみはどうやって解消する?

ツライお尻のかぶれ・かゆみで悩んでいませんか?

ツライお尻のかぶれ・かゆみで悩んでいませんか?

お尻がかゆいことや、かぶれてしまって、ムズムズするという経験はありませんか?

お尻がかぶれたり、かゆみがあったりすると不快というだけではなく、物事に集中できなくなったり、座るのが億劫になったりしてしまいますよね。また、かきすぎてしまってヒリヒリしたり、ショーツを履くのがつらかったり・・・なんて方もいるのではないでしょうか。

ここでは、お尻のかゆみやかぶれの原因や対処法についてお話しします。ツライかゆみやかぶれでお悩みの方は必見です!

なぜお尻がかぶれたりかゆくなったりするの?

なぜお尻がかぶれたりかゆくなったりするの?

ここからは、お尻のかぶれやかゆみの原因についてお話しします。

お尻のかぶれやかゆみの原因は汗や下着の刺激、月経時の経血などがあげられます。

お尻は一日のほとんどを下着に包まれている状態な上に、汗をかきやすい部位でもあるので、長時間座っていると椅子に圧迫されて蒸れてしまいがちです。通気性の悪い下着などを着用していると蒸れて皮膚が刺激され、かゆみの原因となることがあります。着用している下着に洗ったときの洗剤が残留していたり、下着の素材が肌に合わないという理由でお尻がかぶれてかゆみを引き起こしている場合もあるんです。

また、女性は月経時の経血やおりもの、生理用のナプキンなどでもかぶれてしまうことがあるため、こまめにウォシュレットを使用するなどして、お尻はできるだけ清潔に保つようにしましょう。また、使用している洗剤や通気性の悪い下着などもできるだけ避け、かゆみやかぶれの予防をすることが大切です。

お尻のかぶれ・かゆみの対処法!

お尻のかぶれ・かゆみの対処法!

お尻だけではないですが、かゆみを我慢できずに掻きこわしてしまった経験はないでしょうか?

お尻のようなデリケートゾーンの場合、かゆいからといって掻いたりこすったりすると、治るどころか逆に悪化させ、痛みを伴ってしまいます。一番の対処法はかゆくても掻かないということです。また、また、触ったりするのも極力避けたほうが懸命です。かぶれなどが酷い場合には、石鹸を使用すると刺激になってしまうので、できるだけシャワーで優しく洗ったり、低刺激の石鹸を使用したりするといいでしょう。

かゆみが一向に治らない場合には、市販の軟膏やクリームを数日使用するのも効果的です。しかし、症状が軽いうちしか効かないことがほとんどなので、数日使ってみても改善しない場合や悪化してしまったときにはすぐに皮膚科を受診するようにしてください。

また、お尻にかぶれやかゆみが起きてしまったら、使用している洗濯洗剤や下着、ボディソープなど原因として考えられるものを見直してみましょう。お尻のかぶれやかゆみは他の部位と違い、治療するのが難しい箇所でもあります。正しい対処法を知り、かぶれやかゆみ知らずのお尻を手に入れましょう!

PAGE TOP