Oライン・お尻の毛をキレイに自己処理するには?
  1. Oライン・お尻の毛をキレイに自己処理する方法

Oラインの自己処理はできるの?

Oラインの自己処理はできるの?

Oラインやお尻に処理が必要な程度の毛が生えている女性はなんと6人に1人はいるそうです!意外と多くてびっくりしました。

でも、Oラインやお尻なんて見えないから自己処理が大変ですよね!VゾーンやIゾーンだって大変なのに・・・一体どうしたら良いのでしょうか?

正直に言うとOラインの自己処理はかなり難しいです。自分ではなかなか見えない位置な上に、皮膚が薄くデリケートな箇所なので処理するのも一苦労です。さらに、カミソリなどで剃った後にはお尻の構造上、処理した毛が伸びるにしたがってチクチクし、かゆみを伴います

また、デリケートな部分だからこそ埋没毛や黒ずみ、ニキビなどの原因になってしまうことも多いので、処理後のお手入れを怠らないようにするのが大事です。

カミソリ or ヒートカッター

カミソリ or ヒートカッター

Oラインの自己処理は難しいということはお分かりいただけたと思います。ではOラインは一体どのように処理したらよいのでしょうか?

まずは、カミソリで、自分のOラインを鏡で見ながら剃っていくという方法です。カミソリを使用する前には、必ずムダ毛を短めに切り揃えておいたほうが滑りもよくなり、安全に剃ることができます。またデリケートゾーンなので、出来るだけ敏感肌用のソープ付きカミソリもしくはシェービングクリームなどを使用し、肌を守りながら処理するようにしましょう。

次にご紹介したいのはヒートカッターです。ヒートカッターとは熱でムダ毛を焼き切ることが出来るシェーバーのことです。熱でムダ毛を焼き切ることのメリットは、毛先が丸く処理され、カミソリで剃った後のようなチクチク感を防ぐことができる点です!

カミソリとは違って肌を傷つける心配もなく、Oライン以外のセルフ処理でも使用できるのも嬉しい点ですね。ヒートカッターを使用する際もムダ毛を短めにカットしておくといいですよ!

また、肌にワセリンを塗りこんでおくと角質が保護されて、肌が受けるダメージが軽減されます。処理直前に蒸しタオルなどで温めておくと、ムダ毛が柔らかくなり処理しやすくなります。お風呂に入浴中などに処理する場合は、蒸しタオルの必要はありません。

カミソリ、ヒートカッターどちらを利用する場合でもOラインは皮膚の薄い場所なので、アフターケアをきちんとするようにしましょう!!

噂のブラジリアンワックス!

カミソリ or ヒートカッター

カミソリやヒートカッター以外にも方法はまだあります。それはブラジリアンワックスです。エステサロンや脱毛サロンでもデリケートゾーンのムダ毛の処理の際によく使用されているんですよ!

ブラジリアンワックスは砂糖や蜂蜜などの天然成分だけで出来たワックスを脱毛したい箇所に塗り、固まってきたら一気に剥がし脱毛するというかなり原始的な方法です。ワックス自体は天然成分で出来ているので、肌に優しく美肌効果も期待できます。しかも、フラッシュ脱毛のように長期間施術をしなくても短期で脱毛できるので、急に彼と温泉に行くことになったとか、友人と海で水着を着ることになっても、すぐに処理できるというメリットがあります。

しかし、デメリットとしてはワックスで固めた毛を一気に引き抜くので、かなりの痛みを伴うということです。痛みに弱い方はカミソリかヒートカッターを使用するといいでしょう。

ワックスの成分が天然成分であっても処理した後は、必ずお手入れをしましょう。ムダ毛が強引に引き抜かれて毛穴が傷んでいるので、ワセリンや化粧水などがオススメです。

PAGE TOP