粉瘤の症状と原因

粉瘤(ふんりゅう)って知ってる?その症状と原因

粉瘤(ふんりゅう)って知ってる?その症状と原因

粉瘤(ふんりゅう)って聞いた事ありますか?粉瘤とは粉瘤種やアテロームとも呼ばれ、年齢・性別・部位を問わずに発生する良性腫瘍の事を言います。皮膚の内側にしこりが出来る事によって皮膚表面が盛り上がり、炎症を起こすと赤く腫れたり痛みが出てきます。

ここでは粉瘤の特徴や見分け方、対処法を紹介します。

粉瘤の特徴と見分け方

粉瘤の特徴と見分け方

粉瘤はニキビと良く似ているため間違えられやすいのですが、原因や対処方法はニキビと全く異なります。そのため、ニキビ用のケアを粉瘤に行っても全く効果がありません。

粉瘤とは皮膚の内側に嚢胞(のうほう)と呼ばれる袋状のスペースができ、その中に垢などの老廃物が溜まってしまう事で出来る腫瘍です。また、外傷がきっかけとなったり、ニキビ痕から粉瘤に発展する事もあります。

粉瘤の場合、皮膚の表面に開口部と呼ばれる穴があいている事があります。開口部は固まった老廃物等で塞がっている事が多く、皮膚の表面から見ると「おへそ」などとも呼ばれる黒い点に見えます。そのため、開口部の黒い点の有無でニキビと粉瘤の見分けがつくという訳なんです。

他にも、粉瘤の自覚症状は主に「皮膚の下にしこりを感じる」というところから始まります。袋状の嚢胞に溜まった老廃物が膨らんで、皮膚の表面からしこりのように膨らんで見える事があります。袋状のしこりは外側から指でつまむ事が出来る物もあります。ニキビの場合は指でつまむ事はほとんど出来ないので、つまめるかどうかで見分けるのもポイントになるかもしれません。

粉瘤は開口部が塞がっているため、どんどん老廃物が溜まり巨大化していきます。「ニキビだと思っていたけどちょっと大きすぎるかも・・・。」と思ったら粉瘤だったと言うケースもあります。また粉瘤のしこりの中身は主に垢などの老廃物なので、粉瘤から臭いを感じる場合もあります。「このしこりなんか臭いかも」と思ったら粉瘤を疑った方が良いかもしれません。

悪化すると怖い粉瘤

粉瘤の特徴や見分けるポイントをいくつか上記で述べましたが、ここで紹介した特徴とはまた違った粉瘤もあるそうです。「いつものお尻ニキビだと思っていたけど、何かおかしいな」と感じたら皮膚科の受診をおすすめします。

粉瘤はセルフケアだけで完治することは出来ません。手術によって袋状の嚢腫(のうしゅ)を摘出しなければ、何度でも再発してしまうそうです。粉瘤そのものは良性腫瘍なので特に危険はありませんが、開口部から雑菌が入ってしまうと炎症を起こし化膿してしまう場合もあります。そうなるととても痛くなり、日常生活にも支障が出てしまうそうです。さらに膿を持った粉瘤が体の内部に向けて破裂してしまった場合、場所によっては腹膜炎・リンパ管炎など他の病気を引き起こしてしまうこともあるみたいですね。

粉瘤と間違えやすいのが「しこりニキビ」

しこりを持った腫れで粉瘤の特徴が見られない場合「やっぱりニキビだった!」なんて事もあります。この粉瘤に似たしこりニキビは一般的なニキビに見られる「ニキビの芯」が見えず変色もない場合があります。

しこりニキビは芯が見えず毛穴の奥深くで炎症・化膿が起こってはれてしまっているため、皮膚の表面が膨らんでしこりのように感じるのです。

セルフケアが大切なしこりニキビ

セルフケアが大切なしこりニキビ

しこりニキビの場合はセルフケアが非常に重要になってきます。しっかりと優しくしこりニキビを洗い、お風呂上がりには乾燥による皮脂の出過ぎを防ぐ為に保湿成分をたっぷり配合したケアアイテムでしっかり保湿をしましょう。

また、20代?30代の方に多い大人のしこりニキビはホルモンバランスの乱れによってターンオーバーが正常に行われていない事もしこりニキビの一因と言われています。生活習慣の見直しやストレス解消などでホルモンバランスを整えターンオーバーを正常化させる事も大切なケア方法です。

PAGE TOP